パーティードレスの着こなすポイント

パーティードレスで知っておきたいこと

パーティードレスを着こなす華やかなパーティードレスは、さまざまなシーンで活用されるドレスです。
一般的には、結婚式や二次会、卒業式などのイベントの際に着用することが多いかと言えます。
パーティーなどに呼ばれた際には、出来るだけ他の人とかぶらない目立つかわいいドレスを着て行きたいと考える人も多いかもしれませんが、多くの場合にそのパーティーにはドレスコードが存在します。
ドレスコードはフォーマルやカジュアルかで分けられることが多いですが、セミフォーマルやインフォーマルなどの呼び方もあるので注意しましょう。
多くの人がパーティードレスを着る機会があるとすれば結婚式の披露宴や二次会だとされますが、時間帯によっても好ましい恰好というのがあります。
例えば、昼であれば露出が少ない爽やかな色合いのドレスのほうが好まれます。
夜の場合には、シックで華やかなものが良いでしょう。
また、ドレスコードには指定されなくても、花嫁とかぶるような白いドレスなどは避けるのがマナーとされています。
ほかにも、新郎新婦よりも派手で目立つ衣裳もマナー違反とされます。
イベントやパーティーに出席する際には、誰が主役なのかをよく考えて、パーティードレスを選ぶことが大切です。

体型別パーティードレスを選ぶポイント

シルク素材のようなパーティードレスは生地に光沢もあり、華やかですが伸び縮みがなく、体型にフィットしないとラインが綺麗に出ませんので必ず試着をしてから買いましょう。
背中の開いたデザインの場合はブラジャーをどうするかも考えておかなくてはいけません。
バストがブカブカな場合はヌーブラを使用するか、またはパットを入れられる仕様になっているか確認しましょう。
ポリエステル素材のパーティードレスですと伸び縮みがあり、フィットしやすいです。
口コミを参考にネットショッピングも可能です。
ドレス調達の際、選択肢は実店舗での購入、ネット通販、またレンタルも実店舗、ネットレンタルがあります。
またリサイクルショップ、オークションでは中古だけでなく新品もあります。
レンタルは質の良いものを1回きりの使用と割り切って、収納場所を確保しなくていい利点がありますが、上等なドレスの生地、スパンコールなど装飾に凝ったものは中古であっても高いです。
とにかく質を求めるのであれば、実店舗で試着し確認が必要ですが、結婚式のお呼ばれ・地域のパーティに出るなどで何回か着れる楽しみであればネット通販で十分気に入るものが手に入ります。
体型をカバーできる派手系からシンプルデザインまで上下セパレートで着れるもの、ミディアム丈、ロング丈ドレス、形・色・サイズなど種類も豊富にあります。
中国製・韓国製でも安っぽさを感じることなく、質的には問題ないです。
家で洗濯できるものもあり、丈夫です。
セパレートタイプのものなら更に体型に合わせやすく、普段ドレスアップしたい時にも着やすい商品があるので実用的です。

pickup

麻布十番で歯医者をお探しでしたら、ご利用ください。

麻布十番 歯医者

撮影はもちろんや配信、中継も得意な動画制作会社。

動画制作 大阪

2018/11/1 更新